お金・節約

【家計管理を助けるクレジットカード】リクルートカードを選んだ、3つの理由


こんにちは!タケマネです。

今回は、家計管理を助けるクレジットカードについて。


こんな悩みありませんか

  • 光熱費の支払日が、それぞれ違って管理しずらい
  • 固定費用のクレジットカードはどれにしたらいいの?



家計管理をはじめると、
光熱費とかの支払日がバラバラで管理しにくいですよね。

そんな時は、クレジットカードで支払いをすると便利です。

 

タケマネも、次の3つのカードのどれにするか悩みました。

  • リクルートカード
  • JCB カード W
  • エポスカード

結局、どのカードにしたの?
 
リクルートカードにしたよ!
タケマネ




リクルートカードにした理由は、次の3つ。

ポイント

  • 常時1.2%のポイント還元率
  • Pontaポイントに等価交換可能
  • 年会費無料なのに各種付帯保険の充実

 

固定費の支払いをクレジットカードにするメリット


固定費をクレジット払いにするメリットは、

  • 支払いの管理を一括で楽にできる
  • ポイントを貯められる
  • 支払いの手間が省ける

 

毎月支払わないといけない、電気代などの公共料金。

同じ払うなら、手間を省いてポイントを貯めちゃいましょう!

 

【リクルートカードのメリット①】1.2%の高還元率!



リクルートカードを固定費用のクレジットカードにした、一番の理由は

1.2%の高還元率!

 

他のクレジットカードは、0.5~1%が普通。

それ以上のポイント還元を受けるには、

ポイントアッププログラムなどの条件達成が必要になります。

 

年会費無料で、何にもせずにこのポイント還元率は、

一番のメリットですね。

 

 

【リクルートカードのメリット②】Pontaポイントに交換可能!

 

支払いで貯まったポイントをどう使うか。

これも固定費用のクレジットカードを選ぶうえで重要です。

 

リクルートカードでは、「リクルートポイント」が貯まりす。

 

リクルートポイントとか、
あんまり使ったことないんだけど、、、 
そんな時は、Pantaポイントに交換しよう!
タケマネ


リクルートポイントの使い道

・じゃらん
・ポンパレモール
・ホットペッパーグルメ、ビューティー



正直、リクルートカードを日頃生活で使うのは、ちょっと厳しいかも。

そんな人は、等価交換できる「Pontaポイント」にしちゃいましょう。


Pontaポイントが使えるお店

・ローソン
・ケンタッキーフライドチキン
・すき家
・はま寿司  etc...


まだまだ使えるところは、たくさんあります。

詳しくはコチラ


これなら、使いやすくなりますね!


【リクルートカードのメリット③】付帯保険の充実!


旅行傷害保険

  • 国内旅行:最高1,000万円
  • 海外旅行:最高2,000万円



ショッピング保険

  • 国内・海外:年間200万円



コロナで今は、なかなか旅行は難しいですが、、、

年会費無料でここまでの保証は、いいですよね!

 

【リクルートカードの今後】気を付けること


リクルートカードの今後について、

気を付けて欲しいことが一つあります。

ポイント還元率1.2%は、変更する可能性もある!



実際、2015年12月に「REX CARD」というカードは、


還元率 1.75% ➡ 1.5% ➡ 1.25%


と改悪されてます。

 



対策としては、

ほかのクレジットカードの情報もチェック。

1%とかに改悪されれば、ほかのカードでの支払いに変更。

 

タケマネは、今の時点では、

  • JCB カード W
  • エポスカード

あたりに目をつけています。


【固定費用のクレジットカード!】リクルートカードに決定!

正直、最後まで悩みました。

JCB カード Wは、どこのサイトを見ても高評価。

でも、39歳までという条件が、、、


エポスカードには、

ポイントアップショップで3ショップのみですが、

還元率1.5%にできます。

ただ、その他は通常0.5%です。

 

今回はいろいろ考えて、

光熱費や携帯料金などの、固定費用のクレジットカードと割り切って

リクルートカード」を選びました!

やっぱり、すべてに1.2%のポイント還元率はすごい!

 


また、使っていきながら、感想は記事にしていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

-お金・節約

© 2022 タケマネブログ Powered by AFFINGER5